ドラマ視聴率「秘密」志田未来と佐々木蔵之介

●ドラマ「秘密」

原作・東野圭吾 『秘密』(文藝春秋・刊)
脚本・吉田紀子
出演・志田未来、佐々木蔵之介、石田ひかり、竜星涼、本仮屋ユイカ、堀内敬子

小説は読んでないんだけど、広末涼子と小林薫の映画は観ました。
今になって気づいたんだけど、監督は「おくりびと」の滝田洋二郎。
小説を読んだ人はもの足りないようだけど私は面白かったです。

【秘密の視聴率】
●第一話「心は38歳、体は16歳の妻」10.1%
●第二話「今夜16才の妻を抱く」8.8%
●第三話「16才の妻、同窓会へ」8.8%
●第四話「私の記憶が消える日」8.8%
●第五話「妊娠」9.7%
●第六話「許されない恋の始まり」7.9%
●第七話「妻の恋人」7.7%
●第八話「妻との永遠の別れ」9.5%
●最終話「運命は妻を二度奪う」11.2%

【第1話の感想】
ストーリーはだいたいわかっているので感動は小さかったけど、
志田未来ちゃんの演技のうまさに引き込まれました。
すごい。16歳から38歳の変身は見事。
佐々木蔵之介が本仮屋ユイカと仲良く話しているのを
じっと見つめるあの眼差しは少女ではなく女ですよ。
子役の頃から演技は上手だったけど凄い女優さんだわ。
残念なのは佐々木蔵之介。彼にまだ慣れなくて。
清潔感がありすぎて気持ち悪い。
竜星涼とのキスシーンは、戸惑ってたけど、ただびっくりしただけでなく、
娘はこんなことをしていたの〜という驚きもあるんだろうね。

【第2話の感想】
やっぱり志田ちゃんがすごい。
それしか感想が出てこないくらい。
喋り方だけでなく後ろ姿までおばさんに見えるよ。
お父さん役は佐々木蔵之介でよかったかもしれない。
たとえばお父さん役が、大沢たかおや高橋克典のような
フェロモンむんむんな人だったら、志田ちゃんとのラブシーンに
近親相姦的な危なさがあまり感じられなかっただろうから。
でもさ、私が志田ちゃんの立場なら、娘の身体は触らせない。
夫を愛しているからこそ絶対にいや。そうじゃない?

【第5話の感想】
やっぱり志田ちゃんがすごい。
これしか感想が出てこない。
佐々木蔵之介と志田ちゃんの夫婦喧嘩は迫真の演技でした。
堀内敬子は死んじゃいましたね。
好きなのでもう少し絡んで欲しかった。
というか志田ちゃんの母親役が彼女がよかったかも。
娘役(逸美)の日向ななみちゃんは、ホットマンの七海なんだね。
なんとなく面影が残っているけど大人になったわ。

【最終話の感想】
最終回は視聴率が二桁になったんですね。
志田ちゃんも蔵之介さんも好演したしね。
最終回の感想はこちらにアップしました。

【ドラマ】2010年秋ドラマの感想