サラメシで紹介「おべんとうの時間」阿部夫妻

お弁当に思い出はありますか?
私はいっぱいあります。

長くなるので思い出話は省きますが、思い出を思い出しながら思ったのは、今は専ら弁当を作る側の人間になったけど、私のために弁当を作ってくれた人は母だけだったなぁと。

駅弁とか空弁とかを買えば、弁当を作ってもらったことになるかもしれない。でも、弁当の中身を知ってるのと知らないのではわくわく感が違うよね。

「今日のおかずは何だろう」とワクワクしながら開ける弁当箱。もう二度とあのワクワクを味わうことはないんだ。そう思うと、なんか寂しい。そう思うと、もっとちゃんと感謝しておけばよかった、と

おべんとうの時間を読みながら思いました。

この本は、お弁当にまつわるエッセイ本。
ANAの機内誌「翼の王国」に連載されていたものをまとめた本です。
NHKの「サラメシ」にも時々登場します。
Amazonのレビューも高評価。

この本を読んで、じーんとする人はどんな人なんだろう?
何歳くらいから、じーんとするんだろう?
若い頃にはわかんない思いが詰まっている感じがする。
少なくとも、母親に弁当を作ってもらっていた頃の私は、
じーんとしなかったと思う。だって当たり前だと思っていたもん。
自分が作るようになって有り難みがわかり、
思い出もたくさんできたから、じーんとしたんだと思う。

「おべんとうの時間」の本の中で
30年間、奥さんに弁当を作ってもらっている営業マンが語ってました。

弁当ってふたりで食べるものだと思うんです。
作る人と作ってもらう人のふたり。
作ってくれる人の気持ちは伝わるから、ありがたいなぁと思います。
そしたら、何も言えないです。


作る人と作ってもらう人のふたりで食べる弁当かぁ。
そんな風に考えた事なんてなかったなぁ。
もっと早く気づいていればよかったな。
自分が思わなかったことを思ってもらうのは、ずうずうしいけど、
私が作る弁当もそんな風に思いながら食べてくれると嬉しい。

「おべんとうの時間」の本には、39人の弁当が紹介されています。
写真は夫の阿部了さん。文章は妻の阿部直美さん。
夫婦で作った1冊だから、それだけであったかいです。

当たり前だけど、どれひとつとして同じ弁当はありませんでした。
そして、思い出も、弁当を作る人も、人によって様々です。
自分で作る人、奥さんが作ってくれる人、旦那さんが作ってくれる人、
母親が作ってくれる人・・・、母親の呼び方まで人によって違うんだよね。
今風だと感動したのは、彼女に弁当を作っている高校生。
高校生の弁当男子ですよ。

彼女のお弁当には必ず入っているものがあるの。
それは「ホウレン草」。
貧血気味の彼女の身体を気遣っているんだって。
なんて優しくて健気な彼氏なの〜と羨ましくなりました。

私もまだ諦めちゃだめかしら。
この先、更年期の身体を気遣って弁当を作ってくれる人が現れるかしら。
強制して作ってもらうのは嬉しくないから、自然と現れて欲しいわ。

【話題の本】読書感想文