「はつ恋」木村佳乃の学生時代を演じる橋本愛

台風の影響で延期になった「はつ恋」の第5話。
いつもは、裏番組の「37歳で医者になった僕」を録画していて、
「はつ恋」は再放送を観ていたので、台風のおかげで追いつきました。

でも、悲しい。
あれほど、旦那(青木崇高)を傷つけないで、とお願いしたのに、
邪魔しているのに、応援しているようにしか見えない
同級生(カンニング竹山)と元嫁(佐藤江梨子)のおかげで、
とうとう超えてはいけない一線を妻(木村佳乃)は越えてしまいました。

わたし、伊原剛志(初恋の彼)が苦手なのですが、
だんだん格好良くなっていく役のせいで、抵抗感がなくなりました。
そして、青木崇高も龍馬伝(後藤象二郎)のイメージが強く苦手だったのに、
「はつ恋」のおかげで、ラブラブになっちゃいました。
ドラマの影響ってすごい。

大竹まことさんがラジオ番組で語っていたんだけど、
「はつ恋」の撮影は5台のカメラで、角度を変えて3回も撮るんだって。
カメラを意識することができないほど四方八方から撮られるので、
演技に集中するしかない、と言ってました。
そんな贅沢な撮影をされたら、そりゃ映像もきれいだわと納得。
いちいち映像が美しいんだよね。

80年代の回想シーンも美しくて、
木村佳乃の学生時代を演じている橋本愛ちゃんも美しい。
大人っぽいけど、まだ16歳でした。
1996年生まれだなんて、この前やん。

橋本愛のプロフィールを見てると、なんと「貞子」でした。
ニュースで見たけど、貞子の雰囲気ばっちりでした。
そして、「告白」で殺された中学生も橋本愛でした。

ドラマ10「はつ恋」打ち上げパーティ
リンク先は鈴木奈緒(コンテンポラリージャズピアニスト)さんのブログ。
橋本愛がピアノを弾くシーンは本人がきちんと演奏しているみたいです。

【ドラマ】2012年冬春ドラマの感想