もう一度君にプロポーズの主題歌(jujuただいま)

くも膜下出血で倒れた妻。
手術後、意識を取り戻した妻は、5年間の記憶を失っていた。

5年前に出会った夫のことも、自分が結婚したことも思い出せない妻。
大好きだった、目の前にいる夫は、知らない男になり、
知らない男と一緒に暮らすことに戸惑う妻は、
夫婦で暮らした家を出て、実家に戻ってしまう。



という感じで始まった『もう一度君に、プロポーズ』が終わりました。

再放送で観た『流れ星』の竹野内豊が猛烈に格好良くて、
妻役の和久井映見も大好きな女優さんなので見てましたが、
劇的な導入部分と反比例して、ストーリーはまったり進み、
心情の変化は丁寧に描かれていたけど、
想像通りに進んでいく展開は物足りなかったかな。

和久井映見の弟(山本裕典)以外はみんな良い人だったし。
途中、和久井映見の元彼(袴田吉彦)が登場したり、
竹野内豊の同僚(倉科カナ)が竹野内豊を好きになったり、
「二人の間を邪魔するか」と思わせる展開もあったけど、
袴田吉彦も倉科カナも、ちょ〜良い人で終わりました。
そして最後は弟(山本裕典)も。

竹ノ内豊の父親(殿下(小野寺昭))もいい人だったな。
血のつながった親子ではなかったけど、理想の父と子でした。
優しいところは竹ノ内豊とそっくり。やっぱり優しい男はいいね。
ラストで自分を捨てた母親と対面するんだけど、
そこでもやっぱり優しくて、優しすぎるくらい優しいの。



もし、私が妻の和久井映見だったら・・・。
目覚めたとき、たとえ、記憶を失っていたとしても、
目の前に竹野内豊がいたら、迷わずガッツポーズすると思う。
あの声で、名前を呼ばれたら、それだけで失神しそう。
だから、夫を拒む和久井映見が理解できなかった。
いやわかるけど、顔じゃないけどね、でも〜竹野内豊だよ。

もし、私が夫の竹野内豊だったら・・・。
へこむ。
さっきまでたくさんの愛情を注いでくれていた人が、
何の前触れもなく、突然つれなくなるなんて、悲しすぎる。
なんかさ、失恋ならなんとなくわかるじゃん。
徐々に徐々に別れが近づいてくる感ってあるから。
でも、この悲しみは、失恋とはまた違う。
突然、突然なんだもん。
どのくらいへこむか想像できないくらいへこみそう。

一番好きなシーンは5話のラスト。
元彼と会ったことを思わず夫に隠してしまった妻は、
その嘘がばれたとき、何とも思ってなかった夫に対し、
申し訳ない気持ちを感じ、その気持ちに戸惑いながら
どう言い訳していいかわからず、泣き崩れてしまうところ。
表情だけで戸惑いを表現する和久井映見が素晴らしく、
そして、やっぱり優しい竹野内豊が切なかった。

嘘がばれたときって、責められたほうが楽なんだろうな。
優しくされたら、自分を責めるしかないもん。

【ドラマ】2012年冬春ドラマの感想