誰が敵か、誰が味方顔をしていたか、わかる方法

困難な情勢になってはじめて誰が敵か、
誰が味方顔をしていたか、
そして誰が本当の味方だったかわかるものだ。


蟹工船の小林多喜ニ先生のお言葉です。


困難と呼べるほど困難でもないし、
敵や味方というほど大げさなものではありませんが、
小林多喜ニ先生のお言葉を感じております。


ひさしぶりにCGIプログラムとにらめっこ。
相談室を新しいバージョンに書き換えています。
今まで、2007年のものをずっと使っていました。
新しくしなくちゃと思いつつも面倒で・・・。
セキュリティ的にも甘甘だったんですよね。
荒らしてちょうだ〜い〜と裸になっているようなもんです。
こういうところも自業自得なんだよな、と思う。
と同時に、大きなトラブルなく運営できたのは恵まれていたんだ、
としみじみ感謝しています。

それにしても、6年も経つと、CGIプログラムも進歩しているのね。
わけがわかんなくて、理解するのがつらいです。
私の脳の退化を考えると、12年くらいの遅れを感じてます。
きっと6年前なら10分でできていたことを30分はかけてると思う。

でも、私なりに頑張っていて、
早く再開させなくちゃという焦りはあるんです。
なのに、
「再開はまだですか!!!」
「貴方はそれでも管理人なのですか?」
「ルール違反なんて掲示板にはよくあることです」
などというお叱りのメールが届くと「人の気も知らんと」とささくれてしまい、
「こんなに言われてまですることなのか」と 内向きになってしまいます。
あかんよね。
大人げないよね。

そういう時は、励ましてくれた方のメールを読み返しています。
有り難い言葉に、暖かい気持ちに、ほんま励まされてます。
優しくしてくれた人のこと、忘れないようにします。

占いの話になりますが、
ももカフェ10周年のとき、占いのプレゼントをしました。
100人くらい応募してくれて、10周年だから10人を選びました。
選んだとき、びっくりしたのは、よく似た人ばかりだったこと。

例えば、星座なら12通りあるじゃないですか。
占った人全員が同じ星座の人ばかりだった、みたいな感じで、よく似た人ばかり。
実際は、AチームさんとBチームさんの二通りでしたが・・・。

占ったときも驚きましたが、今回はさらにびっくり。
なんと、Aチームさん全員から励ましのメールをいただきました。
占って以来のお便りだった人もいて、
その人に言われてなかったら、気づいてないかもしれないけど、
ここまで行動が似ていて、かけてくれる優しさまで似ていると
占いって当たるんだなと思わずにはいられなくなりました。
偶然の一致かもしれないけど、占いにまた興味が湧いてきました。

2月26日-