連続テレビ小説「おしん」BSプレミアムで再放送

おしんの再放送を見てます。
おしんを見るのはこれで3度目。
1度目は1983年(昭和58年)の本放送。
2度目は20周年記念(平成15年)の再放送。

3度目だけど飽きないです。
おもしろいドラマは何年経ってもおもしろいね。
10年振りに見ると、感動するポイントが微妙に変わっていて、
その変わりように自分の成長や年齢を感じています。

小林綾子の少女期が終わり、田中裕子の青春期に入り、
加賀屋編(酒田)から髪結い編(東京)に舞台は移りました。
舞台が移るたび寂しい気持ちになりますが、
新たな舞台に移っても、負けず劣らずのクオリティ。
さすが平均視聴率は52.6%の怪物ドラマです。

小林綾子も可愛いけど、田中裕子も可愛い。
地味な顔なのにね。
でも表情が豊かだから引き込まれます。
はにかんだ顔と困った顔がとくに可愛らしくて、
竜三さんが惹かれていくのもわかる。



山形の貧しい農家に生まれたおしん。
口減らしのため7歳で奉公に出され、波瀾万丈な人生を送ります。
関東大震災では財産を失い、戦争では夫と長男を失います。

いつ生まれてきたか、誰から生まれてきたか、
誰と出会い、誰と別れ、どんな風に別れたか、
時代や出会いや別れは、その人の人生に大きな影響を与える、
おしんを見ていてそのことをとても感じています。
そして、その出会いが正しかったか間違っていたかは、すぐにはわからなくて、
何年後かに有り難く思うこともあれば後悔することもあるんだよね。

おしんにとって、加賀屋の大奥様(長岡輝子)と
髪結いの師匠(渡辺美佐子)との出会いは最高の財産だと思う。
学校へ行けないおしんに、学校で習うこと以上の教育を与え、
二人とも厳しい人だけど、厳しさの中に大きな大きな愛情があり、
おしんが独り立ちできるよう強く育ててくれた人。
7歳で親元を離れ、働かされたおしんは本当に可哀想だけど、
酒田の家にいるよりずっと幸せだったんじゃないかと思う。

しかし、もうすぐ佐賀編がはじまる。
虐めて虐められて、おしんに、おしんらしさがなくなる佐賀編。
けっこう見るのが辛いのよね。

おしんと私のばぁちゃんは同世代。
ばぁちゃんは昔の話をしたがらなかったけど苦労したんだろうな。
もっとたくさん話が聞きたかったな。

3月29日【ドラマ】2013年ドラマの感想




悪い事から届くメッセージよい事から届くメッセージ

半分閉鎖中の相談室。
いつでも復活する準備はできました。
形だけは整った。
足りないのは、私のやる気。



去年の秋頃から相談室を混ぜまくってくれた人が、
先日、恋愛相談室にやってきました。
彼等たちが恐くて復活させられないのに、
荒らしていた相談室とは別の相談室への投稿だったから
「とうとうここまでやってきたか」とガックシしました。

一応反省してるようなことは書いていたけど、
反省しているとは思えない場違いな投稿をしていて、
きっとそのままにしていたら盛り上がっていたと思う。
現に彼の意見に同調するような投稿があったし。
☆yuu☆さんという方が「管理人さんが心を痛めている中で・・・」
と注意してくれてた。有り難くて嬉しかったです。



チャットを閉じました。
半年前からこちらも荒れていて、流れを変えようと対策はしてみたけど、
うまくいかず、閉じることにしました。
逃げるみたいになったけど逃げることで守ってあげられると思うことにしました。
しかし、どうしてこうも続くんだろう、としみじみ思う。



恋愛相談室の利用者が増えました。
1日で過去ログになる日もありました。
過去ログになると返信ができなくなり、ゆっくり相談できないので、
相談室を増やしました。「片思い」と「交際中」と「失恋」です。
混乱するかなと心配したけど、今のところ大丈夫みたい。
これでゆっくり相談してもらえるといいなぁと思う。
でも、増やすと利用者が減ったりするんだよね。(マーフィーの法則)

恋愛相談室を増やす作業をしているとき、嬉しい書き込みを見つけました。
ろうにんさんという方がアドバイス中で私のことを誉めてくれていました。
「無償の気持ちです」というようなこと。
直接誉めてもらえるのも嬉しいけど、間接的に伝わってくるのも嬉しい。
感謝すべきは私の方なのに・・・。
やる気ださなきゃとしみじみ思いました。



悪いことばかりじゃないよね。いいことだってある。
いいことから届くメッセージ。
悪いことから届くメッセージ。
どちらのメッセージも意味があるよね。

3月20日【つれづれ】気になったもん




いつか陽のあたる場所で(ハナミズキは浅野温子?

「いつか陽のあたる場所で」を見てます。

前科を持った女性が、(←業界用語では、「前持ち」と呼ぶらしい)
犯罪者という過去を背負いながら、新しい生き方を模索する話。
来週は、とうとう最終回。

ノリノリの「最高の離婚」を見た後に、
「いつか陽のあたる場所で」の1話を見たせいか、
最初は、眠くなりそうになるくらい退屈だったんだけど、
2話目からはどっぷり入り込み、優しい気持ちで見てます。

だんだん強くなっていく芭子ちゃん(上戸彩)もいいけど、
だんだん弱くなっていく綾さん(飯島直子)がいい。

飯島直子の明るさが、回を追うごとに切なくて、
父親(前田吟)と息子(藤本哉汰)のエピソードは号泣。
人 殺 しの娘に、死ぬまで優しかった父親。
母と絶対に名乗れない息子との時間。
飯島直子の犯した罪が可哀想なだけに、泣けてきます。
(夫の暴力から子どもを守るため夫を殺 してしまいました)
(藤本哉汰くんは、家政婦の三田さんの息子だった子役なんだね)

犯 罪の話ですが、悪人はあまり登場しません。
唯一、最低だったのは、同じ刑務所仲間の坂井真紀。
彼女、演技が上手すぎる。
根性悪そうな顔がめちゃくちゃうまい。
演技とわかっていても、腹が立ってきます。
でも、坂井真紀を見ていると更正がいかに難しいかわかりました。

上戸彩の母親(浅野温子)も、嫌な人。
でも、くそ真面目にしか生きられない気持ちはわかるし、
ハナミズキさんは、たぶん浅野温子だろうし、
彼女なりに、娘を思っているのは伝わってくる。

それに、もし、周りの人がみんな親切で優しかったら、
芭子(上戸彩)の更正と自立は、もっと遅くなってたと思う。
母親に認められたいという思いも、彼女を強くさせているので、
だから、冷酷な母親も、彼女にとっては必要な人なんだろうな。

9話で、綾さん(飯島直子)は、いなくなってしまいました。
お世話になったパン屋さんをピカピカにして、
立つ鳥跡を濁さず的な去り方は、綾さんらしいけど、寂しい。
綾さんと芭子ちゃんが、どんどん仲良くなっているのを見て、
芭子ちゃんが綾さんをどんどん大好きになっているのを見て、
こんなに仲良くなったら別れるとき辛くなりそう、なんて思ってたので。
芭子ちゃんが心配だ。きっと彼と別れたときより落ち込みそう。
ハッピーエンドで終わって欲しいな。

3月7日【ドラマ】2013年ドラマの感想