映画「苦役列車」森山未來くんが素晴らしい

映画「苦役列車」を観ました。

 監督:山下敦弘
 脚本:いまおかしんじ
 原作:西村賢太
 出演:森山未來、高良健吾、前田敦子
 公開:2012年7月


どんより気分になる映画でした。
同世代の主人公だったので、共感できることがあるかと期待したけど、共感することはなく、懐かしいと思うこともなく、嫌な気持ちしかしなかった。もう一度見るのはしんどい映画。

でも、それだけ森山未來くんの演技が素晴らしい。
彼の演技力はたいしたもんです。
社会の底辺に生きる若者を上手に演じていました。


主人公は、救いようがないクズ野郎でした。
最低な親の元に生まれ、劣悪な環境におかれ、
投げやりになるのもわかるけど、同情できなかった。

むしろ、「家賃を踏み倒された大家」や
「貸した金を返してもらえない友達」に同情しました。
風 俗に行く金はあるのに、どうして返してあげないんだろう。
真面目に生きている人が損するなんて変。

最後の最後に、教訓めいたものを少しだけ感じましたが、
西村賢太さんの今を知っているから感じたんだけで、
知らなかったら、どんよりしたままだったかもしれないです。

【映画】ちょっぴりネタバレ感想