おしん佐賀編「おしん姑さん高森和子の神演技」

八重の桜を見て、おしんを見たら、辛すぎて・・・
なかなか寝付けませんでした。寝不足です。

おしんは、ただいま「地獄の佐賀編」です。

お姑さんから、キャリアや人格まで全否定される、おしん。
いびられ、いびられ、いびられまくる佐賀編です。

佐賀の家に、義妹(夫の妹)が里帰り出産のため戻ってきました。
同じ家でお産が重なると、どちらが不幸になるという風習があるため、
おしんは、出産直前に屋敷の外の納戸へ追いやられます。

嵐の夜、難産で苦しむ妹のために、おしんの夫は町へ医者を呼びに行き、
その同じ頃、おしんも陣痛に襲れ、夫の助けを求めて戸外に出ましたが、
嵐の中、そのまま泥の中に倒れ、意識を失い、
生まれたばかりの赤ん坊は、泣く力もなく死んでいきました。

おしんの不幸はまだ終わりません。
お乳の出ない義妹の代わりに、お乳をあげてくれと姑にお願いされ、
「そんなむごか事はできん」と怒っていた夫まで、おしんに感謝し、
義妹の赤ちゃんに、お乳を与え続けました。
我が子を失ったばかりなのに、不憫でたまりません。

おしんをいびり倒す、お姑さんを演じた高森和子さんは、
演技とは思えないほどのリアリティがあり、ほんに神演技です。
「佐賀県のイメージダウンになる」とNHKに抗議の電話が殺到したのも頷けます。
でも、嫁いびりという憎まれ役を演じるのは大変だったんだろうな。

おしんを見るのはこれで三度目。
ただただ、おしんが可哀想だと見ていた初回と違い、
年をとったからなのか、お姑さんが怒る気持ちもわかってきました。
姑から見るおしんは、自分の意地を貫き通すことに必死で、
相手に合わせようとする素直さが足りないんだよね。

そんなおしんも数十年後に、今度は姑の立場で、
嫁姑問題に悩まされるんだから、何とも皮肉なことです。

【ドラマ】2013年ドラマの感想