佐川官兵衛(中村獅童)の寝坊「八重の桜」

大河ドラマ「八重の桜」
第28話「自慢の娘」の感想


鶴ヶ城の籠城戦が始まり、
綾瀬はるかの出番が増え、ドラマらしくなってきたけど、
ほっとするところがひとつもないのはつらいです。

佐川官兵衛(中村獅童)の寝坊の話は本当なの?
信じられなかったので調べたら実話でした。

松平容保(綾野剛)とのシーンがやたら長かったでしょ。
てっきり官兵衛も死んじゃうんだと思い込んでいたら
まさかまさかの寝坊。
官兵衛は西南戦争で戦死されたようです。

来週は鶴ヶ城開城。
やっと終わる。
結果論だけど、会津藩はもっと早く降伏できなかったんだろうか。
こんなに長く戦争を見せられるとホントいろいろ考えちゃう。
今まで自分が持っていた価値観までがひっくり返りそう。

26話で西郷千恵(西郷頼母の妻)が自刃しました。
(一族21人が城に入らず西郷屋敷で自刃)

会津は罪もないのに罰を受け、無念を飲み込んで敵に恭順した。
それでもまだ足りなくて、敵は、会津を滅ぼしに来た。
そんな非道な力には、死んでも屈しね。
このこと、命を捨てて示すのが、西郷家の役目だ。

と集団自決する前に千恵は語ってましたが、
他に方法はなかったのかなぁ。

大事なものを守るために命を捨てる。
その志は尊敬に値するけど、ただただ切ないです。

大河ドラマ「八重の桜」ネタバレあり感想