映画「舟を編む」松田龍平とオダギリジョーのイメージがアップ

映画「舟を編む」を見ました。

 監督:石井裕也
 原作:三浦しをん
 脚本:渡辺謙作
 出演:松田龍平、宮崎あおい、オダギリジョー
 公開:2013年4月


おもしろかった\(^o^)/
地味な映画でしたが、地味が積もり積もって感動しました。

言葉は生き物です。
たくさんの言葉が生まれ(新語)
たくさんの言葉が使われなくなり(死語)、
その度に、内容を見直さなくてはならない辞書を作るのは、
大変な作業なんだろう、と想像することはできますが、
映画の中で描かれていた辞書作りは、
想像以上の大変さでした。

辞書は、長い長い年月をかけて作り上げます。
映画に出てきた辞書(大渡海)は、完成までになんと15年。

その間に移動になる人もいれば、定年退職になる人もいて、
そして、完成を見ることもなく亡くなる人もいて、
今まで考えもしなかったけど、
辞書には、たくさんの人の人生も一緒に詰まってました。

映画を見終わった後、じわじわとあったかい気持ちになり、
「辞書さんありがとう」と感謝の気持ちでいっぱいになりました。

松田龍平が演じた馬締光也(舟を編むの主人公)は、
辞書作りの素晴らしさだけでなく、
人間には、向き不向きがあることを教えてくれます。
環境が変われば、居場所が見つかれば、
地味な奴もイキイキ輝くことができる
ということを教えてくれました。


実は、松田龍平が苦手でした。
お父さんの松田優作もあまり好きじゃなかったし。
だから、あまちゃんの水口琢磨も好きになれなくて、
水口は、他の俳優さんがよかったとずっと思ってたくらい。
でも、「舟を編む」で松田龍平イメージが変わりました。
あまちゃんの水口を見る目まで変わったよ。

あまちゃんでは変わらなかった彼のイメージが、
「舟を編む」で変わったのです。すごいぞ、「舟を編む」。

そして、実は、(しつこくてごめんなさい)
オダギリジョーも苦手でした。
でも、彼もまた「舟を編む」で好きになった。
チャライのに熱くて心優しい男、いい演技してましたよ。
すごいぞ、「舟を編む」。

【映画】ちょっぴりネタバレ感想