これが昭和のお弁当!!どか弁うめさんの「ザ・昭和弁当」

弁当が大好きです。
弁当ブログを見る(読む)のも、好きです。

最近、私が愛読している弁当ブログが本になりました。昭和を愛する「どか弁うめさん」のお弁当本『ザ・昭和弁当 』です。

どか弁さんのブログこれが昭和のお弁当!!は、なんというか、豪快だけど可愛らしくて、笑っちゃうほどユニークで、おもちゃ箱のような弁当なのです。

一目惚れをして、見つけたその日に、過去の記事も一気に読んでしまいました。最初は、ただ弁当の写真を見るのが楽しかったんだけど、そんなに多くを語らない、どか弁さんの日記を読んでいると、どか弁さんの人柄に惹かれました。

ブログを始められたきっかけは、亡くなったお母様の作ってくれた料理や思い出の味を弁当として記録したかったそうです。でも、生みのお母さんではないんですよ。(参考・両親への思い)。でも、血の繋がりなんて関係ないほど、お母さん思いなんです。

お父様も生みの父親ではありません。
でも、どか弁さんと似ていて情に厚く優しい感じのお父様。どか弁さんのブログを見たくて、どか弁さんに内緒でパソコンの勉強していた時は、もう微笑ましくて、画面に向かって「がんばれ〜」と応援しちゃいました。あやしいよね、私(^^ゞ。

でも、そのお父様も、去年、亡くなられました。寂しそうな、どか弁さんを見ているとほっとけなくて、(と言っても見てるだけの片思いなんだけど)、ブログだけで十分楽しませてもらっていますが、どうしても応援したくて、本も買わせていただきました。



表紙の裏にも可愛い弁当が並んでいます。
ブログで弁当を見るのも楽しいけど、本で見る弁当も楽しいです。
レシピ本というより絵本のような感じたけど、
本には材料やレシピも掲載されています。

私が作ってみたいのは、「たこさん弁当」「スイカ弁当」
「ベビースターラーメン弁当」「コーヒー牛乳の蒸しパン弁当」。
弁当箱を開けたとき、笑顔にしたいから。

でも、作ってもらいたい昭和弁は、「肉じゃが弁当」。
「肉じゃが」と「ごはん」だけの弁当なのに、豪華に見えるの。
愛があるからなんだろうなぁ。
弁当箱を開けたとき、愛を感じたいの。

【話題の本】読書感想文