恋愛相談&結婚相談恋愛相談
同棲中の彼氏と気まずい空気
日時: 2020/10/18 19:06
名前: ななこ

同棲中の彼氏との仲が拗れてしまいました。
ほぼ無言の生活になって、もう10日が経ちました…
原因は、私が何の気無しに言った一言で彼を怒らせてしまったからです。

でも私は彼氏から同じような事をほぼ毎日言われてて、私はそれを親しい者同士の軽口程度にしか思ってなかったので、毎回「何言ってんの〜」という感じで笑って流してました。

でも彼は相当気に障ったようで…
だったら何で同じような事をしょっちゅう私に言ってたの?と思うと、どうしても自分が全面的に悪いと思えなくて、謝る気になれませんでした。

↑をその場でやんわり言えてたら今と状況は違ってたかもしれませんが、普段全く喧嘩しないので、彼が怒り出したのに驚いて、無言で別室へ行ってしまいました。
喧嘩すら出来てないです…

それから会話もスキンシップも一切無く、もう10日目…

最初は「自分だって同じ事言ってるくせに!勝手に気が済むまで怒ってなよ!」と思って謝る気ゼロだったのですが、時間が経つにつれて「そこはとりあえず置いといて、嫌な気持ちにさせた事実は把握してるんだから、謝るべきかも」と思い始めてます。

だけどもう10日も経ってしまって、どう切り出せばいいか…
いい歳して恥ずかしいのですが、今まで友達とも元彼とも、ちょっと仲違いたらサヨナラって付き合い方しかしてなかったので、本当に好きな人との仲が拗れた時、どうしたらいいかわかりません。

今もおやすみ、ただいま、等の挨拶はお互いしてるし、彼氏がコンビニに行ったら私の好きなお菓子を買ってきてくれるので、正直もう怒ってはないと思いますが、それでも今までみたいに何でもない話をしてきたり、スキンシップをしてきたりする事はありません。

なんか、恋人と同棲というより、ルームメイトみたいな生活です…

彼も私と同じように接し方に迷ってるだけ?
それとも、今後もルームメイト状態を続けたいと思ってる?
私はこれからどう接したら良いでしょうか。
これまでのように下らない事で笑い合う生活に戻りたいです。
111.239.184.105
メンテ

Page: 1 |

Re: ( No.1 )
日時: 2020/10/18 20:59
名前: アインス

こんばんは。

思いも寄らない、想定外の事態の当事者となって、目下あれこれ思い悩み、考えあぐねているご様子。その彼を「怒らせる」程の内容について、失礼ながらすこし知りたい、とも思ったのですが、憚りもあるでしょうし一先ず伏せて今後について考えて見たいと思います。

経緯を拝見すると、「ある言い回し」に関してななこさんは至って日常的な何気ない言葉、ある種のじゃれ合いと見做し、一方で失言の類としてすこしばかり憤っていたらしい相手の方。この「すれ違い」は依然後を引いていますが、私という実質第三者の立場からの視点としては巷でよく言われるところの「夫婦喧嘩は犬も食わない」余地もまた十分、考えられます。「周りがあれこれ心配し、気を揉む」一方で、その内「仲直り」をするふたり。

まあ、ななこさんは同棲関係で結婚はされていませんが、大きな括りでは似たような関係。で、ある以上「放っておいても」自然に元の鞘に収まって然程おかしな話でもないでしょう。“喧嘩(のようなもの)する程仲が良い”とも言いますし、ななこさんと相手の方はそれだけ、遠慮も気遣いもない親密な信頼感、愛情観念が「実は」育っている。少なくとも現状は「過渡期」であるのかもしれません。とは言え、実際何某か思い煩っているななこさんに対し「気にするな」と纏めるのも些か気の毒というもの。

ここで改めて振り返るに、怒る、とか何かしらの不満を含んだ自己主張も「明解」で、そして相手の要求が「明瞭」である場合。ななこさんも目下の問題に対する「対策」を講じる目途も立ち、ヘンに膠着せずに解決に向けて「スッキリと」具体的な行動を取れる筈でしょう。

いま、「もやもや」しているのは偏に相手の方の「煮え切らない態度」と微妙に引かれた一線にやきもきしている為。また前の気の置けない穏やかな関係、交流を切に求めているそちら。けれどもあやふやで捉えどころのない相手に対して「切り出せる」決定的な切っ掛けが中々掴めず徒に時だけが過ぎていく状況は確かに「どうして良いか」分からず、戸惑う気持ちは比例して募るものでしょう。ここで私が「(ななこさんのお気持ちは)分かります」、と共感を寄せても、ともかく根本的な解決策としての助言の類ではないですしね。

その「即効性のある根本的な解決(策)」。私は有態に「ない」、と(思い切って)言います。

いや更に正確に言えば結局「相手の反応」への期待に頼らずななこさんご自身が、そちらの意思に沿った「行動」を取る他に、有効な手段は恐らくないだろう・・・と、言う意味ですが。いまはきっと「気まずい」事態に対し、ななこさんだけでなく相手の方も、つまりお互い「意地を張って」いるちょっとした緊張状態の最中。

お互いが夫々の「意固地」な態度に更に頑なになり、「出方」を窺い次第にずるずると悪化し、膠着する事態。お互いの意識によってお互いを何時しか「牽制」し、精神的に身動きが取れなくなる事。まさに「不毛」な関係の有様、と言えそうですけど。曰く“ちょっと仲違いした時に”ではサヨナラ。直ぐに関係を絶てる過去の交流は確かに割り切っていて後腐れもなく、ヘンな負担もないだけ身軽でしょう。

しかしご存じのように今、現状の関係は「今まで」とは全く異なるもの。相手の方を慕い、結構な愛着を持つななこさんは「多少のすれ違い」、いざこざ程度では決して「別れたくない」訳ですよね。でしたら先ず、ななこさんが「動く」べきでしょう。一件について「謝るべき」と私は言いたいのではなく、どんな言葉でも良いので仕切り直しの為の一言を積極的に「切り出しましょう」、と私はお勧めする次第です(
※「どう切り出す」かはカンタンに「此間の事だけど」とか「このまま気まずいのは嫌だ」等ストレートな表現で充分だと思います)。

その上でお互いの思うところや誤解、思い違いや勘違いを適宜洗い出して、うまく「線引き」を図り、修復する事。互いの価値観を見つめ直し、新しい関係性を紡いでいく事。それも具体的に「聞いて」みないことには始まりません。

今までの経験則から外れた環境や展開は無論、「未知数」です。思いがけず「未知」の領域に踏み込んだ多くの人は「怯み」戸惑うものでしょう。それでも渦中の当事者は見当をつけて手探りし、様々な試行錯誤を重ねて、自分なりの「道」を模索する他に方法はないのだと、私は改めて思います。

相手の方が沈黙を貫く以上、「ルームメイト路線」かはたまた「恋人路線」か。それを「決めて」、目的を定めて掘り下げていくのも他の誰でもない「ななこさん」ではありませんか?

願わくは、首尾良く「仲直り」出来ますように。
59.85.13.216
メンテ
Re: ( No.2 )
日時: 2020/10/18 21:37
名前: ジュリー

後ろから抱きついて、ごめんって1言。

それでいいんじゃないかな?

大丈夫だよ。

お互いが悪いんだから、次から気をつければ。
でしょ?
180.221.239.98
メンテ
Re: ( No.3 )
日時: 2020/10/19 02:30
名前: ななこ

アインスさん
とても親身なコメントをありがとうございます。
仰る通り、私の中では何気ないやり取りで、じゃれ合いの範疇という認識でした。なので「え、どうしたの急に。貴方もいつも同じような事言ってるじゃん」と戸惑ってしまいました。

ただ、この「貴方もいつも同じような事言ってる」もあくまで私目線の話なので、彼にとっては違うのかもしれません。
そこにいわゆる価値観の相違が生じてるんだと思います。

私が10日以上もウジウジしてる理由は、彼は「正論で畳み掛けてくる」ところがあり、話下手な私は萎縮して思ってる事の半分も言えないかもしれない、もしかしたら途中で泣いてしまうかもしれない。と思ってるからです。

でも正論をポンポン投げてくるのは相手の話をちゃんと聞いているからこそ出来る事であり、きっと彼は「話すことなんて無い」と突っぱねたりせず、私が話し合いをしようとすれば、きちんと応じてくれる人だと、これまでの付き合いの中で判断してます。

が、せっかく話し合いに応じて、彼が自分の意見を述べているのに、しどろもどろになって、挙句泣き出したりしたら……私が彼の立場だったら、かなり腹が立つと思います。
そこを懸念していたらこんなに日数が経ってしまいました。

でも、何にせよ私が行動しない事にはどうにもならないですよね。
勇気を出して頑張ってみようと思います。

客観的な立場からの冷静なご意見が聞けて、とても助かりました。
111.239.184.105
メンテ
Re: ( No.4 )
日時: 2020/10/19 03:01
名前: ななこ

ジュリーさん
大丈夫だよと言って下さって、とても勇気付けられました。ありがとうございます。

そうですね…そんな風に可愛く甘えて仲直りできたら良いのですが、私達の場合はまず話し合いをしなきゃなって思います。

今回の事に限らず、今までの人生で他人との気持ちのぶつけ合いをせずにいたツケが回ったんだと痛感してます。

この状況をどうにか乗り越えて、もし今後喧嘩してしまったとしても「抱きついて一言ごめん」で仲直りできるようにしていきたいな、と思います。
111.239.184.105
メンテ
Re: ( No.5 )
日時: 2020/10/19 09:14
名前: 錦鯉

既婚男性です。

私は妻と2年に1回ぐらいは喧嘩したことはありますが、

翌日にはなかったことのようになっています。

普通は喧嘩なんて、他人からみれば

ちょっとした、行き違い、誤解、意地の張り合いぐらいでしょうからそんなものです。

しかし、それが深刻な価値観の違いによるもので、今まではPEAの効果で、アバタもエクボ

という感じで封印されていて、最近になって倦怠期と同時に露呈してきたとなると問題です。

私の年代だと同棲する時点で、そういう時期は既に通過済みなので考えに入っていないのですが

最近の若い人は割と早いようなので、その辺のところはどうなのでしょうか?


120.137.177.245
メンテ
Re: ( No.6 )
日時: 2020/10/19 23:14
名前: アインス

こんばんは。こちらこそ丁寧な返信、どうもありがとうございます。その後の進捗は如何でしょうか。

こちらは勝手ながら少し補足して、改めて今回の件。その彼氏さんは確かに「嫌な思い」をされて怒っているのかもしれませんが、そもそもななこさんにしてみれば飽くまで他愛ない「軽口」の類だった訳ですよね。まあ、愛情の裏返し、照れ隠しの一つとでも言えそうな「憎まれ口」で特に深い意味もなかった。もっと言えば親密な関係ある者同士の「コミュニケーション」の類としてななこさんはきっと捉えていたのでしょう。にも関わらず彼が「怒った」事。

ななこさん少し理不尽に感じたのは、ご自身の意図に反した彼の反応に加え、それ以上に彼の「棚上げ」を訝しんだ為、ですよね。「棚上げ」。すなわち彼は結局、ななこさんの“軽口”と「同じ事」をその実言っていた節がある事・・・。

振り返り、俯瞰してみると確かにななこさんの立場としては「謝りたくない」気持ちもよく、分かります。ただ肩を持つ積りはないんですが、一応、彼には彼の「理由」もあるのでしょうし、彼としてはどうにも納得も受け入れも難しかったのでしょう。

例えばななこさんが一方的に失言し、「軽口」として気軽に捉えていたのであれば、彼の腹立たしい気持ちも一定の筋は通るでしょう。でもななこさんにとって彼が“同じ事”、発言をした以上、本来「怒る」資格などない筈ですよね。

図らずも「立場がなくなった」時。言い訳の範疇ではない、飽くまで筋を通した「言い分」が全く通じない時。私を含めその多くは全く腑に落ちず、やがて心を閉ざし「意固地」にもなって寧ろ当然至極、でしょうか。先のコメントでも私はななこさんの「責任」について殊更言及し、指摘した積りは毛頭ないけれど、一方でそちらの何処か遣り切れない感情、お気持ちについての理解なり配慮にどうやら欠けていました。

状況に対する「やるせなく歯痒い」気持ち。そちらが「言わんとすること」。私は改めて振り返り、細やかに心情を汲み取ってみました。そして尚そちらにとって切実なのはその「彼」にななこさんの気持ちを伝え、「彼の気持ち」をうまく切り替えて元の「親密な」関係に戻す事、なんですよね。

夫々の考え方に根差す温度差はともかく、ななこさんに彼が同質の「軽口」を差し向けた事はほぼ紛れもないこと。些か宜しくないその実態に対する棚上げ、とは、すなわち当人の「プライド」に端を発するもの。彼に限らずななこさんにも備わる筈の「プライド」。同棲関係において確かに上も下も、格差もないでしょう。でも、お互いのプライドについて無闇に軽視も出来ません。

夫々のプライドの衝突によって「意地の張り合い」も起こるけれど、一方で虚しく不毛な事態はお互いの為には全くならない事です。ここでこれからの交流において多少の失言、軽口を受け流すか。自らの襟を正して「親しき仲への礼儀」を求めるのか。問題の解決に向け、「共同生活」を送る彼はいま、自身の意向を「選択」する務めがあるようです。

都合よく棚上げした挙句の彼の「正論」とやらもまた、中身のない「威圧」に過ぎないもの。かりに気圧され「言葉に詰まって泣く」としても、ななこさんの一連の事情を踏まえると「彼の立場」において「腹を立てる」道理など見受けられません(尤も相手の彼は決して頑固で横暴な方ではないとは思いますが)。事の是非に関しては「お互い様」かもしれないけれど、彼は「彼自身」について、そしてななこさんのお気持ちについて改めて「考える」べきだと、私は思いますね。

何より今、まさに「考え始めている」ななこさんとの足並みを揃えない以上、それは最早「二人で暮らしている」状況とは言えないのでしょう。それゆえに“彼”に、ななこさんの「歯痒さ」を理解し、受け止め、凝り固まった意地(というもの)を「変えて」ほしい。そうななこさんが願い望まれている事。私は目下のななこさんの気持ちを拙くも理解し、そして悩み事の収拾、落着を願っています。

度々失礼しました。
59.85.13.216
メンテ

Page: 1 |

 タイトル

トップに上げる
 名前

(★名前は変えないでね)
 E-Mail
 Pass
(メンテ時に使用します)
 投稿キー
(投稿時 投稿キー を入力)
 コメント
   クッキー保存