挙式の中間打合せ&招待状作成

 式当日まで後3ヶ月となり、
 招待状の準備や、引越しで、様々な手続きの準備 etcで忙しくなってきました。

 そんな中1月13日に、当日までに必ず行かなければならない打合せの一つ、3ヶ月前打合せ(中間打合せ)に行ってきました。中間打合せでは、当日の詳しい説明をうけ、披露宴の主な項目の仮決定をします。

 招待客数、料理、進行、演出内容、お色直しの回数、BGM、会場装花、ブーケ、写真にビデオ・・・決めなければいけないことは沢山あります。

 優は事前に彼やお互いの両親と話し合ってたし、やりたいことがほぼ決まっていたんだけど、それでも2時間半の打合せとなりました。ホントにグッタリって感じ。めちゃ疲れました(;^_^A

 優達が中間打合せで仮決定したのは、次のようなことです。

 人数は親族親戚だけなので40人程。

 料理はとりあえずプラン内の料理にして、試食してから決めることにしました。プランの料理でもランクは上だしね。ドリンクだけ、フリードリンクとウェルカムドリンクをつけました。

 お色直しは、挙式:WD 披露宴:色打掛け→WDにして、宴中の色直しは1回にしました。

 演出は優のこだわりの「鏡開き」だけ。日がおちてきた頃に再入場するので、キャンドルリレーも考え中だけど、これはまだ判りません。

 会場装花は、あれば桜を入れて下さいとお願いした以外はオマカセです。

 ブーケは、彼の叔母さまがフローリストで、作ってくださるということなので、会場には依頼していません。当日、ブライズメイドを努めてくれる親友2人が持つミニブーケのみ依頼しました。

 後は司会者とBGMスタッフの手配をお願いしました。

 ・・・こんな感じかな。次の打合せは1ヶ月前の「最終打合せ」。これも時間がかかって大変なんだよね。頑張って耐えねば(;^_^A

 それから招待状。招待状を会場で依頼する時は、その打合せもするんだけど、優達は自分で作っています。

 家族での招待となるので必要枚数が少ないし、招待状を含むペーパーアイテム(席札、メニュー、進行表 etc)は、優が勝手に決めた(^_^;)テーマの、「桜」で統一したいから。

 優の大好きな花の桜をメインにつトいる、招待状や席札、かなり良い感じにできてきています♪和風で、とっても可愛いんですよ。

 手作りっていうと、かなり凝ってる感じだけど、材料費だけだから、会場で頼むよりはるかに安いし、アイデア次第で簡単にできちゃうんです。

 優の場合、桜模様の便箋&ハガキ&封筒と和紙を使って作っています。アイデア&物の作成&宛名書きは優で、文面や印刷は彼がしてくれています。時間がない中で、彼と一緒に一つの物を作るのも、楽しいし、幸せ♪

 招待状は2月初旬には発送予定。あんまり時間ないけど、頑張りますp(^^)q

優の結婚体験談1月3日