ももカフェ日記のはじまり

毎日、毎日、自分のことを掲示板に書いてくれる女の子がいました。
彼女は、他の人の書き込みにも一生懸命レスしてくれて
ももカフェの掲示板の常連さんになっていました。

それがカリメロちゃんでした。

出会った頃の彼女は、お見合いで知り合った彼にひとめぼれし、
でも、彼の気持ちがよくわからなくて悩んでいました。
そして、自分の病気、元彼との間にできた子どもの堕胎のことも悩んでいました。


蓋をして隠してしまいたいような過去のことも
一生懸命に書いてくれる彼女が可愛らしくて
せっかく毎日書いてくれているんだし、ちゃんと残してあげたくなって
日記を書いてもらうことにしました。

それが、ももカフェ日記のはじまりです。

はじめまして7月5日