初めて体験〜気持ちは伝えないと伝わらない

彼とのお付き合いが始まってから、たくさんのはじめてを経験しました(^^)

初めて、モスバーガーやケンタッキーなどを食べました!!
初めて、ゲームセンターに行きました!!
初めて、カップラーメンを食べてみました!!

(もちろん、もっと素敵な“初めて”もいろいろあるのですが、
私にとって印象的なのがこれらだった・笑)

彼はいちいちビックリしていて、付き合い始めのころは
「カップラーメンも食べたことがないなんて、まいはすんごいお嬢様なんじゃないか・・・?」
なーんて考えたりしてたそうです(笑)
ただ単に母親がそういったものを食べなかったから、
自然にそうなっただけなんだけどね(^^;)


ちゃんとした、デートらしいデートもほとんどしたことがなかったので、
本当に、毎回新鮮で、楽しいことだらけでした♪

彼は、常に優しかったです(^^)
初めてファーストフードに行ったとき、私がもたもたしている間に、
ストローがさしてあって、フォークも袋から出して私の前に置いてあって、
もうあとは食べるだけ☆になっていて、感動したのを覚えています。
(私がトロイだけ??)


彼は、いつもこんな感じで優しくて、私のことを考えてくれていましたが、
私はやっぱり我慢したり、気を遣いすぎたりする癖がついていて、
言いたいことが言えない状態でした。

そんなある日。
デートの時、彼とのバイバイが寂しすぎて、苦しくて。
でも、彼が気にしちゃうからと思って、彼に「寂しい」ってどうしても言えないでいました。
彼は私の様子が変なのを心配してくれましたが、
やっぱり言えませんでした。困らせたくなくて・・・。
その日はそのままバイバイしましたが、
彼から「オレのせいで暗かったの?」ってメールがきて。
困らせたくないから言わなかったのに、余計に気にさせてる?!って思って
「ただ寂しくてバイバイがいやだった」っていう自分の気持ちを説明しました。

そしたらね、彼からこんなメールが届きました。

『寂しいって泣きついていいんだよ。
まいちゃんが辛いのを我慢してこっちを見てくれないより、
困らせてくれた方が100倍良い。
まいちゃんと一緒にいるときはまいちゃんだけのためにいるんだよ?
お願いだから、会ってるときくらいは、そういうこと素直に言って(><)』

このメールを読んで、
あぁ私この人が大好きだな。この人を大切にしなくちゃな。
って思ったのを覚えています。

この日から、ちょっとずつ素直にいろいろ言えるようになって、
付き合いたてほやほや〜から、信頼し合える2人になっていったと思います。

わがまま言い放題とか、思ったことをなんでもズケズケ言うとか、
そういうのはよくないけど、
気持ちはきちんと伝えないと、伝わらないもんね。
このときから、できるだけ我慢せずにいろいろお話するようにしています☆


そんなこんなで、彼とのお付き合いは順調に進んでいきました。

本当に、なんでもキラキラしていて、楽しい日々だったな〜♪

まいの結婚体験談3月18日