別れ?

就職して3ヶ月。遠距離になって4ヶ月。
仲良しで、うまくやっていた私たちですが、雲行きがあやしくなりました。

ゆーくんへの「好き」の気持ちがわからなくなってしまったのです。


お仕事にもまだ慣れないし、朝6時前に出勤する生活も辛かったし、
体がクタクタで、この時期はデートがつらいと感じてしまっていました。
ちょうど、このころ、急性胃腸炎になったりもしていて、
今思えば、体が疲れていたから気持ちにも余裕がなくなっていたのかなー。

それと、同じ時期にゆーくんもお仕事が大変だったり気分的に落ち込んでいたりで、
すっっごくマイナス思考になっていて。
お電話やメールが、全部下向きで、暗い。とことん暗い。
「オレはダメだ・・・」みたいなのばっかり。
ほんとは励まして、支えなくちゃいけないのに、それが出来ず、
それどころか、イライラしてしまう自分がいて・・・・。
辛かったです。



ゆーくんのこと、すきかどうか聞かれたら、好き、なんだけど・・・。

“なんだけど・・・・”っていう気持ち。

ほんとにいいのかな?ゆーくんでいいのかな?って思ってしまってモヤモヤ。
ただのマンネリならいいな、と思いつつも気持ちは浮上せず、毎日毎日考えて、でも答えはでなくて。

ゆーくんへの気持ちがなくなるのが怖くて怖くて、
でも、ゆーくんを失うのが怖いかは、よくわからなくなっていました。

ゆーくんも、不安だったみたいで、よく「すき?」って聞かれました。
「うん。すき。」って答えるしかなくて、でも「すき?」って聞かれるたびに辛かった。


そんな日々を送って2ヶ月くらいたったころ。
ゆーくんがお電話で「おれとこの先やっていこうと思うの?」って聞いてきたんです。
ほんとは即答しなくちゃいけないところなのに、私は答えに詰まってしまいました。

「・・・・。いいよ、答えはゆっくりで。メールでいいから」と言って、ゆーくんは電話を切りました。
すごくすごく切なかったです。
その後、ゆーくんからメールがきて「辛く当たってごめんね。人の気持ちは徐々に変わっていくものだしね。」って。
そんな風に言わせちゃう私は、何なんだろう・・・ってすごく辛かったです。
気持ち、戻って、戻って。ってそればっかり考えてました。

別れたくない、ではなくて、別れられない、って思いました。


そのあとも、そんなモヤモヤをかき消すように
「好きだよ」って言って、お付き合いは続いていました。

でも、ゆーくんにとってもそういう状況は限界だったみたいで、
「この状況は辛すぎる。ちゃんと会って話そう」って言われました。
あぁ、明日別れるのかな、ってぼんやり思いながらも、
ゆーくんと離れるなんてピンとこないなーって思っていました。

そして、久しぶりに会って、話し合い。
すごくすごく、慎重に。言葉を選んで話しました。
でもね、話し合うことより何より、実際会ったら少し気持ちが軽くなったんです。
心から大好きで仕方ないかって聞かれたら、即答はできないけど、
でも、ひとりでお部屋で悶々としていたときとは全然違う気持ち。

今までどおり仲良く過ごせたし、だいじょうぶかなって思えました。

ゆーくんが「がんばるから。好きだから。オレ、がんばるから。」って言ってた。
どっちが悪いとかじゃないのにね。ゆーくんを責めるみたいになってたのかな。

その後、ゆーくんとは徐々に前みたいに戻ってきました。
きっと、また悩むことがあると思うけど、またそのときは向き合って考えて、
そのとき見つけた道を選んでいきたいなって思いました。


こうなった原因、ひとつは最初に書いたことだと思うんだけど、
あとでお友達には「もやもやの原因は結婚のことじゃない?」って言われました。
私は就職したてで、いつかはゆーくんと結婚したいって思ってはいたものの、
「いつかは・・・」っていうくらいの気持ちだったんです。
でも、ゆーくんはもうご両親に話したり、指輪を見に行ったり。

もちろん、だいすきな人とそうなることは夢だったけど。
夢が現実に目の前にやってきて、やっぱりただ夢見てるだけとは全然ちがう。
幸せとか楽しみより、なんだかこわくなってきちゃって。

両親のこと、お仕事のこと・・・。
いろんな問題があって、ひとつひとつクリアにしてくのが大変。
何か犠牲にしないとだめ?とか、いろいろ考えすぎて、
結局この間の「この人でいいの?」ってとこまできちゃったのかなー。


その後は、だんだんに落ち着いてきて、
あがったりさがったりしながらも、順調にお付き合いが進んでいきました。

お仕事にもだんだん慣れて、気持ちに余裕がでてきたからなのかな?

本当に辛い期間でした。4ヶ月くらい?
長かったです。

ゆーくんにも辛い思いをさせちゃったなー。

でも、その後は別れたいなんて思ったことは1度もないです(^^)
そんなこんなで、上がり下がりしながら、
お付き合いは3回目の冬に突入しようとしていました。


まいの結婚体験談5月17日