☆第1回ご挨拶☆

ゆーくんからプロポーズしてもらってハッピーな気持ちでしたが、
私には大きなお仕事が・・・。

『両親への報告』です。

ズルズル後回しにしても、言いにくくなるだけ。
そう決意して、両親に話を切り出しました。

プロポーズをしてもらったこと。
ゆーくんが挨拶に来たいと言っていること。

それを聞いた母親は、「えーまだ早いよぉ。」と泣き出してしまいました(;−;)
父親は「来てもいいけど、話を聞くだけだ。聞いても何も答えないからな」と怒り気味。
おめでたい報告なはずなのに、くらーくおもーい雰囲気・・・。
みんな感情が高ぶってしまい、両親と初めて怒鳴り合ってしまいました。

次の日。
父親のほうから「昨日は言い方が悪かった」と謝ってくれて、
冷静になってお話することができました。

「付き合いも長いからいつかは結婚するんだろうと思っていたし、
結婚するっていう思いで付き合うことは反対しない。
ただ、あと3年くらい経ってからにしてほしい。」
というのが父親の考えだと言われました。

そんな中、年が明けて2009年1月11日。
ゆーくんが我が家にご挨拶にきてくれました。

ゆーくんは、私と結婚したいということ、私への思いを話してくれました。
改まった言葉で、私への思いを聞くのは
とっても嬉しくて感動して、ちょっとくすぐったかったです。

そして、両親。
母親は「まいが決めた人だからいいよ」って言ってくれました。
でもたぶん寂しいんだと思う。
ずっと泣いていました。

父親は「結婚には反対しない」けど「あと2、3年待ってほしい」と。
ゆーくんに、自分が築いてきた家庭や仕事、家族への思いを語ってました。

ゆーくんは、父親の思いをちゃんと受け止めたみたいで・・・。
「早く結婚したいけどお父さんの思いも分かるし、
本当の息子として“こいつなら!”と思って受け入れてもらうために、
やっぱりあと1年はとりあえず仕事をがんばって土台を作っていく」
と言っていました。

でも、私はすんなり受け入れられませんでした。
気持ちは結婚にむけてスタートしているのに、
「とりあえず、あと2,3年待て」なんて・・・と、
泣いてゆーくんを困らせてしまいました・・・。

「つらいことなんて全然ないんだよ?
オレと一緒にこれからを作り上げてくのは変わらないんだから」
ってゆーくんが言ってくれて、本当にそのとおりだと思うけど、
涙は全然止まってくれませんでした・・・。



父親は、いろいろかっこいいことを言っているけど、
やっぱり私をお嫁に出すのがただただ寂しいみたいでした。
ゆーくんが真剣にご挨拶するなか、
父親も、真剣におかしなことを言っていました(><)

『まいは外面(ソトヅラ)はいいかもしれないけど、
家ではほんとにやりたい放題でわがままで自己中なんだよ!
もう一回しつけをしなおすから、しつけが終わるまで待って。』
なんて言ったんですよー(笑)
それを聞いてゆーくんが
『でも、まいさんはいつも家族に感謝の気持ちを持っていますし、
とてもしっかりしていてわがままでもないですよ(^^)』
って言ってくれたんですけどね、
それに対して、パパがなんて答えたかというと・・・
『それはだまされてるよ、ゆーくん。』ってーーー(笑)
ちょっとちょっとー!だまされてるってなんですかー。

あとで聞いた話だけど、ゆーくんにこっそり
『家の近くに住んで、新幹線で通勤するといい』
なーんてことも言ったらしいし(苦笑)



でもでも・・・。
愛ですよね・・・・。愛なんですよね・・・。
父親は、お仕事が忙しい中でもちゃんと子育てに関わり、
母親のこともとても大切にしていて、私の理想の男性です。
感謝しきれないくらいしています。
だから、両親のことは変わらず大好きでいたいし、
今まで以上に感謝しなくちゃ、とも思いました。


うまくまとらず長くなりました・・・・。

こうして、一回目のご挨拶はなんだか話がうやむやになったまま終わり、
私とゆーくんは今後、準備を進めるにあたって、
どうしたらいいのか分からない状態になってしまいました。



まいの結婚体験談7月23日