☆第2回ご挨拶☆

1回目の挨拶のあと、何日間かは落ち込んでいて涙がホロリなんていう日もありました。
両親も、どことなく沈んだように見えました。

でも、やっぱり割り切るのは女の人のほうが早いのか・・・。
母親から、いきなり「まい、まいの好きな時期にしていいよ!!」と言われたのです。
あんなに泣いていたのに・・・。
母親は、母方のおばあちゃんと妹たち(私の叔母たち)に
「なんでおめでたいことなのに、悲しんでるの?よくわかんないわ〜。」
というようなことを言われ、「そうだよなぁ」と吹っ切れたみたいです。

私にも、おばあちゃんからお電話がきて
「おめでたいことなんだから、きっとパパもわかってくれるよ。」って言ってくれました。
“みんな祝福してくれない・・・”と落ち込んでいた私は、
おばあちゃんの言葉の温かさに、涙がじわーっと出てきちゃいました。

そして、母親から「まいの好きな時期にするのが一番いいよ。」
と説得された父親が、やっと首を立てに振ってくれました。
父親に対して、カーッとなったこともあったけど、
いざ「いいよ」って言われたら、なんだかすごく切ないです。(苦笑)
幸せにならなくちゃ、と改めて思いました。


そして、3月7日。
両親には「もう一回来てくれたんだからいいよ」と言われましたが、
ゆーくんが「けじめだし、きちんと直接お許しをもらわないとね」
と言ってくれて、2回目のご挨拶にきてくれました。

2回目のご挨拶は、前置きなしですぱっと「結婚させてください!」でした。
両親が「よろしくお願いします」と言ってくれて、
すーっと心が軽くなり、それと同時にちょっと寂しくもなりました。

ご挨拶のあとは、みんなでお昼ご飯!!
父が手打ちそばを打ってくれて、母がいーっぱいおかずを作ってくれました♪


これでやっと一歩。
パパ、ママ、ありがとう。
ゆーくん、ありがとう。

まいの結婚体験談9月11日