本当にサヨナラ

彼には何も期待しない。

そう心に決めて、なかなか寝れない夜を過ごした翌朝、

「昨日は変なこと言ってごめん。忘れて。」と言ってきたモリさん。


何なの?何なんだーーーー!!!
と心の中で叫びつつ、少しほっとした私。


なんとなく、彼も葛藤しているのかな、そんな風に、今思えば都合のいい捉え方をしていた私。
完全に好きになっていたんですね。


はっきりさせたい関係だけど、はっきりさせたら終わってしまう。
それをわかっていたからこそ、何も言えませんでした。

約一か月後に控えたサルサの発表会が終わるまでは、このままでいよう。
そう心に決めました。


無事にサルサの発表会を終えた後、私の気持ちのモヤモヤは最高潮に。

ある夜、彼の家へ向かいました。


私が彼に、どんな関係か問いただすのをわかっていた彼は、冷静に答えました。

「えりなのことは好きだけど、まだ学生を卒業したばかりじゃん。
これから社会に出て楽しいこともたくさんあるし、、、
でも俺は本気でそろそろ結婚しなきゃと思ってる。

ごめん、正直、えりなを結婚相手に見れないや。」


わかっていたけど、悲しい現実を突き付けられました。

そう言われても、この関係を続ければ彼の気も変わるかもしれないなんて、甘っちょろい考えも同時に頭によぎりました。



彼にとっても可愛いくて、仕事のバリバリできる彼女が出来たのは、それから間もなくでした。


本当のサヨナラでした。

えりなの結婚体験談8月23日