彼女との結婚に決心がつきません。

こんにちわ。
今、結婚について悩んでおります。
こんなことを自分で決められないのが情けないですが
どうか一読してアドバイスなど聞かせてもらえたら幸いです。

僕は今年で29歳になる独身の男です。身長は低く、頭も禿げており、高卒・・とどこをとってももてる要素のない、つまらない平凡な男です。

学生時代からずっと彼女がいない生活が続いておりました。回りも自然と似たような雰囲気の友人が集まり、いつも不平不満をいう毎日でした。

しかし自分だけは少しでも努力していこう、たとえ1ミリでも前進していこうと回りがフリーターになり、ギャンブルにはまっていく中、厳しい就職活動で負けそうになりながらも社員になり、また勉強もしていくつか国家資格も取得しました。会社にいるもてる先輩や同僚の生き方や考え方を参考にし、いつかきっといいことがあると信じて生きてきました。

そして、2年前、ある女性に一目ぼれしました。
その子はまさに僕の理想通りのルックスと性格を兼ね備えたすばらしい女性で顔を見るだけで胸がキュンとなり、声を聞くだけですさまじい元気が沸き起こるほど恋しましたが、最終的には、つきあうことはできませんでした。

しばらくはふさぎこむ日々でしたが、またがんばろうと前向きに生活していたところ、ある女性と出会い、つきあうことになりました。それがいまの彼女です。

彼女はとてもやさしい性格で、僕のダメなところも、かっこわるいところも含めてすべてが好きだ、と言ってくれます。僕も初めての彼女だったのでうれしくてしばらくは楽しい毎日だったのですが、彼女が結婚を意識しだしてから、どうも僕の気持ちが不安定になってきました。

僕は初めての彼女ということに舞い上がり、今までつきあってきたが彼女のことが「大好き」というわけではなく、なんとなく「彼女がいる」というステータスにあこがれ、彼女が自分とつきあいたいというからそれに従った。。。。という打算的な気持ちがあったのではないかと思います。

彼女は嫁さんにするならもってこいという、金銭感覚もしっかりしていて、料理もできる家庭的ですばらしい女性です。しかし自分がこんな気持ちのまま、結婚を決めてしまっていいものなのか。。。もし彼女と別れたらたぶん自分にはもう彼女はできないという恐怖もあります。生涯結婚できる唯一のチャンスだったかもしれないのに、自ら棒にふることになります。

あまり多くを期待しないで結婚してみたら、思ったより楽しいかもしれない・・。そんななんの根拠もない前向きな気持ちとやはり結婚というのは顔をみただけで気持ちが高ぶるような人としないとお互い不幸なのではないか・・・という気持ちが交錯する毎日です。

既婚者やすでに結婚が決まった人たちはどんな感じだったのでしょうか。
みなさん、やはり鼓動が高ぶるようなパートナーと結婚されたのでしょうか?

男性の結婚相談


★紫煙さんからのアドバイス

こんにちは。
結婚は基本的に打算の産物だと思いますよ。
もちろん、お互いが「好き」だからこそするのですが、自分の理想どおりの結婚をしているカップルがどの程度いるのでしょうね。今付き合っている相手といると「安心できる」というそれだけあれば十分ではないでしょうか。

それに理想を追い求めても、その理想の相手があなたを好きになってくれたり必要としてくれる可能性のほうが低いと思いますよ。

今の彼女のことを冷静に考えていることは評価できますが、その考える方向が違うと思います。理想という概念と結婚をするわけではないですよ。あなたの気持ち中に、彼女さんを「必要」と考える要素があるかどうかだと思いますよ。



★タクローさんからお返事

ありがとうございました。

>彼女さんを「必要」と考える要素があるか

自分でもよくわからず、自信をもって言い切ることができないのです。本当に彼女が必要かどうか(必要だったかどうか)はずっとずっと後にならないとわからないものだと思うのです。

しかし、今は自分を必要としてくれている彼女を大切にしたいと思っています。



★紫煙さんのアドバイス

よく言われることに、「愛する恋愛・喜び」と「愛される恋愛・喜び」が恋愛にはあるとされています。

今彼女に対しての気持ちがはっきりしないのであれば、「もし、彼女がいなくなったら」という想定をしてみてください。寂しいと思うのか、清々するのか。

言われるように、今彼女を大事にすることは大変に重要かつ男義のあることです。しかし、それが義務のようになってしまっては意味がありません。初めての彼女でうれしかった、という気持ちも落ち着いた今もう一度彼女を見て自分にとってどんな存在か考えるのも有用でしょう。そうすれば、「愛される喜び」がわかり、彼女がいとおしく感じられると思いますよ。



★タクローさんからお返事

紫煙さんレスありがとうございます。

「もし彼女がいなくなったら」ですか。
僕はひとりぼっちになりますね。同性の友人は何人かいますが、精神的な支えになってくれる人がいなくなることになります。

それは、とてもつらいことですし、なによりさびしいです。僕には飛びぬけたルックスもなく、またお金もたくさんあるわけでもなく、将来性があるわけでもありません。そんな僕を彼女は無償の愛で支えてくれている・・・そう考えたとき、僕が結婚を迷うとは、いつからそんなえらくなったのかと反省しました。

彼女と結婚したいと思います。